チビ助の成長

  • 2019.04.07 Sunday
  • 17:00

IMG_0599.jpg

今朝もがんばって散歩するおっさん。

最初はイヤがった歩行介助用ハーネスにも慣れ、カメラ目線できるほど心の余裕が出てきました。

 

 

IMG_0619.jpg

慣れたとはいえ、三本足歩行は「ふらつき」「つまづき」「転倒」などなど危険がいっぱい。

付き添いの飼い主は全神経をおっさんに注がなくてはなりません。

 

なので、おっさんが歩いている間、チビ助は……、

 

 

カートにつないで待っててもらっています。

 

恐がりで寂しがり屋のチビ助は、飼い主がちょっとでも離れるとキャンキャン鳴いて不安を訴えます。

ゴミ出しひとつをとっても、おっさんは飼い主がゴミ袋を手にしているのを見て「ゴミ出しか。すぐ帰ってくるね」とわかるらしく気にもしませんが、チビ助は玄関に向かう飼い主の脚にしがみついて鳴き続け、一緒に連れて行ってもらうまで離れません。

 

そんなふうなので、散歩の途中で一時的とはいえ自分だけカートにくくられて待たされたら、きっと大騒ぎで抗議するだろうな……と思っていました。

 

ところが、チビは大人しくおっさんが歩くのを見守り、別犬のようにじっと待ち続けてくれたんです。

 

最近ではおっさんの歩行距離が伸び、姿が見えなくなるほど離れることもありますが、依然としてチビ助は我慢してくれています。

 

チビ助が変わったのは、おっさんの退院後はじめて出かけた散歩がきっかけだったに違いありません。

自力で立つこともできないおっさんの痛々しい姿を目の当たりにしたチビ助は、笑っちゃうほどはっきりとショックを受けた表情をしていました。

おそらくチビ助はあのときに状況を理解したんだと思います。「おっさんが歩けるようになるのが第一で、ボクは見守らなくちゃいけないんだ」と。

 

 

 

IMG_0601.jpg

歩行練習を終えてカートに戻ります。

チビ助が見えてきました。

 

 

チビ助「おかえりー」

 

 

IMG_0611.jpg

チビ助「おつかれさま」

 

 

IMG_0614.jpg

チビ助「今日もセンパイがたくさん歩けてよかったよかった」

 

 

IMG_0617.jpg

カートの伴走も上手くなりました。

 

 

IMG_0631.jpg

やんちゃ坊主だと思ってたけど、いつの間にか成長していたんだね、チビ助。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM