女王と下女の負傷

  • 2017.07.06 Thursday
  • 21:00

DSC00156.JPG

「犬猫ブログなのにどうしてパソコンの写真なんか載せてるんだ?」

と思われるかもしれませんが、

 

 

DSC00158.JPG

パソコンの背後のカーテンを開けると、そこに姐さんが。

 

こんなところに姐さんが入り込んでいるのには理由があります。

 

今朝、歩いている姐さんを見てびっくり。左前足を上げたまま、3本足で歩いているじゃありませんか。

足の爪が伸びて、肉球に食い込んでしまったのです。

 

 

姐さんの左前足の爪は1本だけ巻き爪なので、できるだけマメに爪を切ってやらなければならないのですが、爪切りを極端に嫌う姐さんに拒まれ、なかなかうまくいきません。

そうこうしているうちに、肉球に食い込むほど伸びてしまったようです。飼い主として面目ない……。

 

ほんとうはすぐ動物病院に連れていきたいところです。でも、実は飼い主も負傷中で、家を出られません。

素人治療は不安だけど背に腹はかえられぬ、というわけで、爪切りバサミを手に姐さんに近づこうとする飼い主を……、

 

 

DSC00159.JPG

姐さん「こっちこないで」

 

と、パソコンを盾にして近づけないようにしているのでした。

 

 

DSC00164.JPG

あ、そっぽ向いた。

 

飼い主も手負いの身ゆえ、かなり難儀しましたが、なんとか姐さんをおびき出し、噛まれたり引っかかれたりしながらも爪を切ることができました。

 

爪が食い込んだ肉球にうっすら血がにじんでいたので、マキロンを吹きかけて応急処置。人間の傷薬がネコに効くのかわからないけど、消毒効果はあるはずです(と思いたい)。

 

その後も姐さんは左足を引きずっていました。

この状態が続くようだったら、病院に連れて行くしかないな。

と思っていましたが、8時間経った今……、

 

 

DSC00165.JPG

まだ怒りがおさまらないようで、ずーっとタワーの上から飼い主を睨みつけ続ける姐さん。

 

 

なにもそこまで怖い顔しなくったって……(涙)。

 

 

DSC00169.JPG

姐さん「この足が痛かった」

 

 

DSC00170.JPG

姐さん「あーもうほんっとに痛かった痛かった。ぺろぺろ」

 

と、飼い主から視線を外さずあてつけがましい行動を繰り返す姐さん。

かなり根にもつタイプなのね(汗)。

 

でもまあ、こんなことができるくらい治ってきたってことかな。

ちょっと安心。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM