給餌器破り

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 23:00

寒の戻りにもほどがある春分の日。

東京で3月に大雪警報が出たのは32年ぶりだそうです。

 

そんな寒さなので、

 

DSC03143.jpg

ストーブ前でくっつき寝する姐さんとおっさん。

 

 

DSC03145.jpg

平和だ。

 

しかし、この平和な光景の背後で、世にも恐ろしい悪事が繰り広げられているのでした。

 

悪事をおこなっているのはもちろん、

 

 

DSC03158.jpg

チビ助です。

 

 

DSC03161.jpg

チビ助が口をくっつけているのは、おっさん専用の自動給餌器です。

(チビ助の自動給餌器は、チビ助の別宅=留守番用ケージの中にあります)

 

 

DSC03164.jpg

中のカリカリフードを狙って、給餌器破りをはたらいているでした。

 

 

DSC03147.jpg

チビ助「舐めても舐めても蓋が開かなーい」

 

 

DSC03146.jpg

チビ助「じゃあ齧ってやる。ガジガジガジ」

 

チビちゃん、その蓋は君みたいな食いしん坊バンザイ犬による狼藉を防ぐため、人間でもなかなか開けられないくらい強固なロックがかかってるから、小さな君の口じゃまず開けられないと思うよ。

 

ちなみに、この給餌器の主であるおっさんは、絶対にこんなことをしません。

ルールに厳しいおっさんは、給餌器破りなど企みもしないし、それどころか「ここから出てくるカリカリは母さんが留守の夕方にだけ食べていい」と決めているようで、飼い主が家にいたら、時間通りにカリカリが出てきても一瞥を投げるだけで近づきすらしないのです。

 

同じトイプードルなのに。

犬それぞれですね。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM