ヤキモチビ

  • 2018.05.07 Monday
  • 07:15

クッションを2枚重ねにしてくつろぐおっさん。

このクッション、飼い主が用意したわけではなく、おっさん自身がソファーの上から運んできました。

快適空間を作ることに労を惜しまない男です。

 

 

このとき、おっさんの背後にあるカドラーに入っていた姐さん。

 

それが、数十分後……、

 

 

DSC03483.jpg

おっさんの傍にいたのでびっくり。

 

いつもながら仲良しですね。

ヤキモチ焼きのあの男に、このツーショットは見せられないな(笑)。

 

 

DSC03484.jpg

あ、ヤキモチ焼きが来ちゃった。

 

 

DSC03485.jpg

近づいていくぞ。

 

 

DSC03487.jpg

おや、スルー?

 

 

DSC03488.jpg

ああ、水を飲みたかったのね。

 

 

DSC03489.jpg

と思いきや、戻って来た。

 

 

DSC03490.jpg

おっさん「チビがうろうろしてるよ」

姐さん「絶対わたくしたちを意識してるわね」

 

 

DSC03492.jpg

チビ助「そうだよ、意識してるさ」

おっさん「しまった。聞かれてた」

姐さん「寝たふり寝たふり」

 

 

DSC03499.jpg

チビ助「母さん、ボクだけ仲間はずれー」

 

そんなことないかもよ。センパイたちに仲間に入れてって頼んでみたら?

 

 

DSC03497.jpg

チビ助「えー、ボクが言うのー?」

 

 

DSC03498.jpg

チビ助「母さんが言ってー」

 

と、ぐずぐずに甘えるチビ助。

その姿を……、

 

 

DSC03500.jpg

どうしたものかと困り顔で見つめるふたりなのでした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM