戦慄の出来事

  • 2018.06.10 Sunday
  • 23:00

 

チビ助の粘り強い要求に負けまして……、

 

DSC03783.jpg

追加購入しちゃいました、カドラーを。

 

残念ながらMサイズが売り切れだったので、新たに買ったのはSサイズ。

大きさが揃ってないのが残念ですが、1つ小さいおかげでソファーにちょうどよく収まったから結果オーライとしましょう。

 

今はおっさんしかいないけど、夜型のみんなが起きてきたら、きっと「きゃーっ、カドラーがたくさんある♡」なんて大喜びでカドラーに集まるんだろうな。楽しみだわー。ふふふ。

 

と、わくわくしながら待つこと6時間。

確かにみんなソファー上の変化に気づいて集合したものの……、

 

 

DSC03797.jpg

女子たち、なぜカドラーから目を逸らす?

 

 

DSC03799.jpg

女子同士で見つめ合ってないでカドラーを見てよ!

 

 

DSC03800.jpg

飼い主が強制的にシマシマをカドラーに抱き入れたものの即脱出。

 

 

DSC03801.jpg

2時間経過しても、馴染みの女王玉座に寝そべり、徹底的にカドラーを避けるシマシマ。

 

男子たちは席を入れ替わったり、なぜか中のクッションを裏返してアレンジするほど馴染んでるのに。

 

 

DSC03802.jpg

シマシマ、昨日まで後ろのカドラーに入り浸ってたじゃない。

どうしたの? 何が気に入らないの?

 

 

DSC03803.jpg

シマシマ「だって、昨日とちょっと違うんだもん」

 

そうでした。シマシマは超ビビリ。

ほんのわずかの変化にも怯える彼女にとって、カドラーの数が1つ増えただけでも戦慄の出来事なのです。

 

急に変えちゃってごめんね。

 

シマシマがカドラーに入るまで、数日はかかるかもしれません。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM