シトラスのストレス

  • 2019.01.06 Sunday
  • 22:35

IMG_9434.jpg

今朝も動物病院の前。

おっさんは入院中だからカートはいらないんじゃないの? と思われるかもしれませんが、中にいるのは……、

 

 

IMG_9440.jpg

シトラス兄弟です。

 

みかん、2日前から食欲がなく、嘔吐を繰り返すようになりました。

それで、昨日も獣医さんに診てもらったのですが、行動は元気そのものだし表情も鳴き声もしっかりしているので、様子を見ることに。ところが、夜になってカリカリ一粒すら口にしなくなり、嘔吐も治りません。

 

さらに、はっさくまで食欲がなくなってしまったので、今朝は兄弟ともに診てもらうことにしました。

 

ふたりとも血液検査などでは全く異常は見られず、胃腸炎だろうとのことでした。

 

おっさんのことで家の中がただならない雰囲気だったこと。

飼い主がめそめそしていたこと。

さらに、一昨日からおっさんがいないこと。

そんなあれこれが、彼らにとって大きなストレスだったのかもしれません。

 

注射をうってもらい、薬をいただきました。

 

ところで、おっさんは……、

 

 

IMG_9425.jpg

「優等生の患者さんです」と褒められました。

 

 

IMG_9426.jpg

脱臼した脚はピンクの包帯で固定されています。

(飼い主が直接会うと、おっさんが興奮して手術した脚を痛めかねないからと、病院のスタッフの方が写真を撮ってくださいました)

 

順調に回復しているようで、ホッとしました。

 

 

IMG_9455.jpg

家に帰ったシトラスたちは、ストーブの前に陣取ってくっつき寝。

 

はっさくはみかんが心配でならない様子で、抱きしめながらペロペロ舐めていました。

 

はっさくが食欲をなくしたのは、みかんにつられてのことのような気がします。

 

 

DSC04637.jpg

こうしてストーブ前を占拠する兄弟に、いつもなら姐さんの一喝が炸裂するのですが、

 

 

DSC04641.jpg

なんと、傍で見守っていました。

 

 

DSC04643.jpg

姐さんは、好きこのんでストーブの暖気が届かないこの場所にいるわけではありません。

今日はひときわ肌寒いので、本当はストーブにあたりたいはずなんです。

その証拠に、

 

 

DSC04645.jpg

はっさくがどこかに行き、みかんひとりになったら、スペースができたと判断したんでしょう。

 

 

DSC04647.jpg

すぐストーブの暖気エリアに入って行きましたから。

 

こうして、シトラスたちが調子を崩してからは、彼らが何をしても怒らず騒がず、そっと見守るだけです。

 

 

DSC04649.jpg

姐さんも、子どもたちのことを心配してるんですね。

 

それにひきかえ、

 

 

DSC04650.jpg

「両手に花」状態になりたいばっかりに割り込むチビ助の、なんと自分勝手なことか。

 

 

DSC04651.jpg

姐さん「しょうがないわね」

 

 

DSC04654.jpg

重くなりがちの我が家の空気を和ませてくれるチビ助、ありがと。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Clock

Instagram

ミニッツブック





selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM